シースルーバングは難しいことについて書きます

私は、韓国が大好きです。韓国の何が好きなのかというと、韓国の女の子はメチャクチャ可愛事です。韓国のかわいい子のことをオルチャンといいます。これは、去年くらいに大流行した言葉で、韓国語で可愛い子という意味だそうです。

オルチャンを意識したオルチャンメイクや、オルチャンがよくしている髪型のことをオルチャンヘアと言ったりします。そんなオルチャンに憧れる女子は急増中で、今の若い子はオルチャンを意識している子が多いです。

まず、オルチャンに近づくためのメイクの五つのポイントを紹介します。まず、一つ目、それは流すように描いたアイラインです。日本のじよせいのアイラインは、はね上げたりすることが多いですが、韓国のオルチャンは全員アイラインは長く流しています。

そうすると、タレ目のようなかわいらしい目になります。アイラインは結構長めで思いっきり描きます。二つ目は、ぷっくりとした涙袋です。オルチャンの涙袋はすごく大きいです。メイクのときに描く、涙袋の影もぼかしすぎず、結構濃いめです。

そして、涙袋の上にキラキラのアイシャドウをのせたり、ハイライトを黒目の下にのせたりして、ぷっくりした涙袋をつくっています。三つ目は眉毛です。オルチャンの眉毛は平行まゆです。
平行に太く描いた眉毛が、特徴です。

日本ではあまり見られない眉毛の形ですが、韓国では平行まゆは当たり前です。四つめは、グラデーションリップです。内側から外側に向けて、色がどんどん薄くなってくようなグラデーションをリップで作ります。

これはティントリップで作るオルチャンが多いです。ティントは、長時間付けてても色落ちがしにくく、メイク直しがしにくいときにおすすめです。最後はシースルーバングの前髪です。

これはむかしに日本でも流行りましたが、あれとはまた雰囲気が違います。作る時に失敗すると、昭和感が出るので要注意です。でも、シースルーバングが一番オルチャン顔に近づくのに簡単な方法です。